現在ふと、しげの秀最初師範の「頭文字D」というコミックを読み返しています。
詳細を簡単にサッパリ説明すると、「歩き屋」たちの台本だ。
「歩き屋」がわからないという随所のために説明しますと、マイカー(スポーツカー)で、峠(山道)を、攻める(全速力で駆ける)自分だ。言わば山道で競合をしてるワケです。逆上族とは違う。レーサーの土屋圭一氏や、谷口信輝氏も走り回り屋故郷だ。律儀・・・。
で、ボクもニッサンのZ33等級の正当レディZに乗ってます。バケモンみたいなエンジン出力がありますが、特に早く走りたいことではありません。ただ純粋に正当レディZが好きなだけだ。限度ペース内で、のんびりセーフティ操作で走ってます。
頭文字Dに生じるメインのマイカーはトヨタ・86等級トレノと、マツダ・FD等級RX-7だ。こういう2モデルを中心に台本が展開していきます。
あくまで、モータースポーツをやってるという台本ですので、追及有り、友情有り、制覇有り、そして気勢有り、で何ごと読み返しても嬉しいですし、以前読んだところより、歳を取ったせいか、涙もろくなっていて、わめきみたいになることもあります。
ちなみにFDの顧客として、Z33も出ます。負けますが。セルフとおんなじマイカーが出ると嬉しいもんですね。キャッシング 低金利

思いを見ました。バスケットボールをやっていましたが、シュートをやっていました。しかし、どうにも入りませんでした。妻の1お客が途中で倒せるというところもありました。そして、プログラムは興味深いので見たことがありますが、決して興味のないジャ必須のお客に報告されたので、体育館でやっていましたがバスケットボールが終わって妻の脇に男が座っていました。すると、そのジャ必須のお客が横でわたくしを見ていました。まさかの思いでした。そして、昼下がりくらいから放送されている、数々プログラムを見ました。最初は色んな置き場をやって、たまたまジェラシーした瞬間の名状勢のところをやっていました。前にやっていたところが映っていたので、嬉しかったです。最高で明るいなと思っていたところも映っていたので、二度と嬉しかったです。あとは、ドキュメンタリー感じをやっていまし。他のプログラムとパクってるのかなと思うようなドキュメンタリーでした。面白かっただ。