生物どうしのコネクションについて探究しました。まずは、くうやり方と食われるやり方についてだ。くうものが鎮まると食われるものが目立ち、それに食われるものが減ります。製造元の時折ブナ、ミズナラ、ハウチワカエデ、オオカメノキ、マイヅルソウがあります。第1いつか消費者はワラジムシ、ミミズ、甲虫の幼虫、ネズミ、リス、ムササビ、アオバト、キジバトなどがあります。第2いつか消費者はクモ、ダニ、カニムシ、オサムシ科、ムカデなどがあります。第3いつか消費者はカエル、カナヘビ、トラツグミ、ムクドリ、シジュウカラ、エナガ、アカハラ、キビタキ、アカゲラなどがあります。第4次はテン、トビ、キツネ、ノスリ、オオシギ、シマヘビ、フクロウ、ハヤブサ、タヌキ、ヤマイタチなどがあります。第5いつか消費者はクマタカ、イヌワシなどがあります。生物どうしのコネクションについて探究をしてきましたが、知らない呼び名の生物が一層いたので、色んな生物の呼び名を知れて良かったです。ミュゼ 100円